新エネルギー車

2020-05-18 11:25:55 自動車部品 0

7月5日、北汽新エネルギーは最初の私換電車型を交換した。

摄图网_401418375_wx.jpg

1月から6月まで、新エネルギー自動車の生産台数は前年同期比それぞれ94.9%と111.5%増加し、数年前よりずっとよかった。補助金型の導入により、純電気自動車市場の構造は大きく変化し、消費者の要求を満たす長い航続モデルが多くの消費者の選択となった。専門家は、新エネルギー自動車の年間生産台数が100万台を超えるという目標を実現できると見込んでいる。今後数年、生産能力の加速的な放出と補助金の後退に伴い、新エネルギー自動車産業は市場の試練を迎える——

「新エネルギー自動車の普及に向けた財政補助政策の調整・改善に関するお知らせ」が6月12日から実施されている。これまで『通知』の発表から1か月余りが経過していたが、最近発表された6月の純電気自動車販売台数ランキングでは、ニューディール政策による市場への影響が見られた。

補助金政策の実施に伴い、純電気自動車市場の様相は大きく変化した。今年の5ケ月前、北汽新エネルギーはずっと国内の純電気自動車市場で第一位を占めていた。しかし、6月に、月別販売台数トップ10の名簿のうち、北汽新エネルギー一項の小型suvで5位、昨年チャンピオンの販売ecの6月の販売台数は3台に止まった。

これと同時に、上汽グループ栄威Ei5は6月の純電気自動車販売台数1位を獲得した。このように,より消費者のニーズに応えた長い航続モデルが,より多くの消費者の選択肢となりつつあることが分かる。

年間生産台数は100万台を超える見込み

中汽協に発表した上半期は最近、自動車やデータによると、1月から6月までは、完成自動車产销量がそれぞれ1405.8まん台と1406.6まん台。うち、新エネルギー車の高速成長態勢を維持し、6月、新エネルギー車や完成がそれぞれ8.6まん台と8.4まん台、1月から6月まで、新エネルギー車や完成がそれぞれ41.3まん台と41.2まん台、上半期は数年前を離れていい。

に対し、国務院発展研究センターの産業部次官補周毅分析研究員、同期で、6月、新エネルギー車の生産と販売台数がそれぞれ31.7%と42.9%増と、前年同期比でそれぞれ9.9%成長−11.7個と、やをもらわ不足がさらに狭く;1月から6月まで、新エネルギー車产销量同期比それぞれ94.9%と111.5%増と、前年同期比でそれぞれ11.7個へと97.1%増え、高速発展態勢が目立った。環境に比べ、6月の新エネルギー自動車の生産台数は5月よりそれぞれ1万台と1万8000台減少し、政策の影響を大きく受けた。車を持っている企業は販売価格を維持しますが、全体的に補助金の低下は低端の電気自動車に大きな影響を与えます。

周毅指摘から、構造を見ると、6月の純電気自動車や完成がそれぞれ6.4まん台と6.2まん台、5月よりそれぞれ3.2まん台と4まん台減った;プラグインハイブリッド車の生産・販売台数は2万2000台で、5月より3000台と2000台がそれぞれ増加した。という点では、電気自動車の純手当より顕著に低下、存在から効果、一方も、各地の増大に刺しに対する電気式ハイブリッド自動車の力関係を支持する。

50まん台は上半期、新エネルギー車の累積販売不足の業績を中汽協は、例年通りのリズムは、上半期には通常、贩売台数が「オフシーズン」;上市場政策換文書の空白があって、真の発力と新エネルギーの自動車市場ノードが下半期になる。

中国自動車工業協会事務総長補许海东は、今年上半期、新エネルギー車や状況を離れていい、例年同期の下半期は良い発展態勢を維持し、前の通期の維持や超100まん台規模の判断だ。

周毅氏は、ここ数年来、新エネルギー自動車産業の発展の勢いは良好である。数でから、昨年、韓国の新エネルギーの自動車生産量は79.4まん万台にのぼり、53.8%増、新エネルギー車のエンジンの電池総発电所の量は370.6おくワット時ごろ、3分の1近く増えた。規模と增量別では、世界上位均が。今年上半期、新エネルギー車や均が昨年より大きく格上げ。彼は、「このまま行けば、年中产销量」140まん台を突破した。

未来の生産規模が10倍超计划

現在、電池技術について、充電不便や価格、航続距離の焦燥、消費者は依然として制約選択新エネルギー車の要因。

中国自動車工業協会事務副総長师建华は、未来の3年から5年まで、新エネルギーの自動車産業の競争が非常に激しい。新ており、現在まで16社、新エネルギー車の生産の資質を受け取った。新投入完成プロジェクトの累計は2017年、全国91ヵ所、21省、新エネルギー車を宣言した事業は、投資の規模は5283おく億元。各车の企业が発表した新エネルギー車の生産規模は2020年は2000まん台を超え、计画は国家目標設定の10倍。

はまた、新エネルギー、自動車産業の発展が予想できる技術の要素を牽引し、政策面の影響も重要だ。

周毅は6月12日、新しい手当の基準から施行後、企業は、端末の価格をそのまま維持しながら、未来が2年に脱退手当が完全にまで减少に伴い、企業の手当が不足するの能力がまだと付け加えた。7月1日から、自動車や部品の輸入関税を下がって、により自動車輸入量が著しく向上し、新エネルギー国内自動車販売に影響を与えるかは未知数だ。とともに、現在の環境政策平は、伝統の燃料車の環境の受容性維持か不変、そして各地の交通ナンバープレート政策などの倾向があるかどうか、新エネルギー車など、これらの未来新エネルギーの自動車産業の発展に影響。

励ましを積極的に新技術発展モデル

师建华は、現在のグローバル自動車産業傾向を見せている製品の形と生産方式が変革の深さ、新興の需要とビジネスモデル次々の加速化、産業構図と生態系を体系的な調整。中国自動車市場はすでに低速平穏に成長ニューノマル、、競争激化のグローバル自動車や大国として、中国の自動車産業の変形グレードアップしているところは、大期に入りのカギ。新エネルギーの自動車産業発展の初期、手当、ナンバープレートを通じて、政府調達できる手段などの行政補助産業が早い成長;再使用が産業発展に一定の段階で、行政の手段ではない経済現実でもない。

「補助金政策は必ず正確な退坡推移している。」周毅、「自動車産業に対する手当退坡準備しなければならない、目指す引き上げる技術、コストを脱退手当の政策に段階的に対応。これは施行したばかりの「補完調整に関する新エネルギー車の普及応用財政補助金政策についての通知』でも分る、手当が全体的に減っている状況の中、さらに偏っ航続距離が高い、エネルギー密度などの手当は、より正確に、规范科学化と。

専門家のアドバイス、新エネルギーの自動車産業・ポインダクスター広く、政策と産業発展促進浮揚で、屋上で設計が必要だ。新エネルギーの自動車産業の改革を推進しなければならない過程で中央と地方、地方と地方の間の不合理との関係は、地方政府が動力せて行く手当の后端基盤施設、新エネルギー自動車消費者などの便宜。とともに、より良い業種別調整処理、主管省庁間の関係を「発改部門の投資に接近、工信の業種に接近、交通省庁のナンバープレート管理制の行措置やエコ税制策定の炭素排出管理、省庁の税金と手当などの政策の形成力を合わせなければ、才能が共同産業の発展を促进します。」周毅が言った。

「結局、新エネルギー技術革新は支え自動車産業の成長の根本力。」周毅提案について、政府と社会ならもっとパッケージ技術開発、販売の背後の市場に注目し、消費習慣の育成など、特に、技術開発を重視しなければならない国家重点開発計画でバッテリー、電子制御式燃料技術への支持の強度、十分開発企業の意欲を引き出し、なまなましい、創造的。「開発しなければ失敗に対する包容、不人気技術開発を包容するなら、車に対する造新勢力を包容する、新しい車に対する経済モデルも包容しなければならない。本意は推進技術の進歩で、効率の向上すれば価値を励まし、积极的に新技術の新モデルの発展を励まし、新エネルギー、育成が生んだ新産業」。周毅が言った。


トップページ
製品
ニュース
连络する